fc2ブログ

Theo Jansen Mechanism series No.9 その1

2020年4月27日
約4年振りにテオヤンセンメカニズムの第9作目を作り始めました。
   これまでにテオヤンセンメカニズを応用してサボニウス型風車・ソーラーパネル・DCギアモータ・サーボモータなどを
  動力としたTJロボットをたくさん作り、これが第9作目となりました。

出来上がったTJ9プラットフォーム
TJ9_01.jpg

  今度の作品はこれまでで一番小さく、軽量に作る計画です。
  素材は2ミリ厚アクリル板と1.2ミリ厚PP(ポリプロピレン)板(バインダーの表紙を再利用)を使い軽量化しました。
  動力には先のTJ8と同様にRC用サーボモータをロータリー化して使いますが、今回は超小型のSG3.7Gを使いました。

前作TJ8と並んだ新作TJ9
TJ9_04.jpg

  上右側が2016年に作ったTJ8でSG90型サーボモータを使った作品です。(TJ8の詳細は過去記事をご覧ください)。
  TJ9には脚駆動用クランクを前後別々に設け、脚の間隔を広げたので胴長のダックスフンド・スタイルです。
  モータコントロールに使う部品の輸入配送が遅れ、完成まで時間が掛かりそうです。


皆様の参考になれば幸いです。

スポンサーサイト



テーマ : 工作の作品
ジャンル : 写真

CNC Mach3 RnR USB モーションコントローラーを使う その3

RnR USBモーションコントローラーをパラレルポート代わりに使う
Mach3のCNC設備を持ちながら、パラレルポートが使えるパソコンを入手出来ない場合に有効な手段です。

Mach3の項目設定例
1)Plugin
先ずは、RnRボード購入時の付録CD内のRnRMotion.dllをディレクトリー下のPraginディレクトリーにコピーします。
次にMach3を起動してMach3⇒Config⇒Config Pluginsを開くと左画像ダイアログのようにRnRMotionControllerが
インストルールされているのが確認できます。
次にPlugin Name右横のCONFIGをクリックすると右画像ダイアログのように設定してSAVEします。
RNR_config_Plugin.jpg

2)MotorOutput
私の場合で使用する機器に合わせた設定が必要です。
RnR_MotorOutput.jpg

3)Input Signals
Input#1~4がRnRボードの外部入力端子IN1~IN4に対応します。
ここでは、RnRボードのIN1にInput#1を割り当てE-Stop信号とリミットスイッチに共用しています。
残りのIN2~IN3をホームスイッチやプローブスイッチに使うことが出来ます。
RnR_InputSignals.jpg

4)Output Signals
Output#1~4がRnRボードの外部入力端子OUT1~OUT4に対応します。
ここでは、OUT1にEnable信号を、OUT4にSupidle信号を設定しました。
RnR_OutputSignals.jpg

5)Spindle Setup
ここでは、Relay ControlにOutput#「4」を設定してスピンドルのON/OFFをRnRボードのOUT4に出力しています。
RnR_Spindle_Setup2.jpg



皆様の参考になれば幸いです。

テーマ : DIY
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

CNC_Paradise

Author:CNC_Paradise
木工・彫刻・機械工作・電子工作が
大好きで自作のCNCを使って工作を
楽しんでます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
何でも工作室
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR