fc2ブログ

ラズピコ作品コンテストの副賞が届く

東京オリンピック開催中はテレビ観戦が忙しく、工作を休んでいました。

昨日、先に入賞したPaspberry pi Pico作品コンテストの副賞に頂戴したラズピコがオランダ経由で届きました。
さて、このラズピコを何に利用しようかと嬉しい思案中です。
pico_contest1.jpg

by Paradise
スポンサーサイト



海外のコンテストにマーブルロボットが入賞!

PCB(プリント基板)メーカー主催のRaspberry pi Picoコンテストに入賞しました。
コンテスト結果掲載ホームページへのリンク

PCB_Contest.jpg

入賞作品は先月掲載のRaspberry pi Picoを使ったマーブルロボットです。
作品の動画をもう一度ご覧下さい。



皆さまの応援を感謝いたします。
by Paradise

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

お知らせ

現在、SG90小型サーボモータを複数個使った蛇型ロボを製作中です。
ESP32にサーボモータやIRセンサーをI2C接続し、特異な蛇の動きを再現します。
SG90の到着が遅れ、完成までに今しばらく時間が掛かりそうです。

sg90.jpg
by Paradise

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

ROHM社の三端子型DC/DCコンバータの紹介

78-XXタイプの三端子レギュレータとピンコンパチで置き換えが出来て重宝!

画像は3.3V1AタイプのBP5293-33ですが、5V1Aと12V1Aタイプが用意されています。
ROHM_BP5293-33.jpg

バッテリー駆動の電源回路において入出力間の電圧差が大きい場合、レギュレータの発熱対策が必要です。
ここに紹介しましたROHMの三端子型DC/DCコンバータは発熱が殆ど無く、それにコンデンサーが内蔵なので
外付け部品が少なくて済みます。但し、形が少し大きくトップヘビーな割に端子の材質が柔らかく、取り付け
後に接着剤で固定しないと疲労破断が起きそうなのが難点です。

使い始めた切っ掛けは、3Sタイプのバッテリー(約12V)からマイコン用の3.3V電源を得るのに通常の三端子
レギュレータを使えば発熱対策のヒートシンクが大きくなります。小型の代替品を探してこの製品を見つけました。
価格が少し高くなりますが、コンデンサーやヒートシンクが要らないので問題外です。
ESP32の電源に使いましたが出力リップル電圧も問題なく正常に動作しています。

この製品は秋月電子にて購入しました。詳細は以下のページにPDFのデータが添付されているのでご覧下さい。
ROHM BP5293


皆様の参考になれば幸いです。

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

謹賀新年

本年もよろしくお願い致します。
happy2020.jpg


テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

TP4056 USB 充電モジュールを使ってみました。

TP4056 USB 充電モジュールが安かったので衝動買い!
2019年6月3日

アマゾンから時々商品の案内メールが届きますが、その中にTP4056を使ったUSB充電モジュールが「送料込み
10個700円」に目が留まり、10個も要らないが衝動買いしてしまいました。
以前から3.7Vのリチウムイオン電池を使うことが多く、試しに簡単な充電器を作りました。

電池ソケット:秋月電子のCR123A用1個40円とTP4056 USB 充電モジュール基板(折り曲げると分離します)
TP4056_1.jpg

小さな合板の端材に組み立て、試しに3.7Vリチウムイオン電池を充電しました。
充電中は赤いLEDが点灯して約4.2Vで充電します。尚、USBはマイクロソケットです。
TP4056_2.jpg

充電が完了すると青色のLEDが点灯し、その後消灯します。問題なく使えそうです。
ESP32を使ったWiFiやBluetoothLEの自作リモコンにリチウムイオン電池を内蔵する場合、一緒に組み込むと
一々電池を取り出さなくても外から充電出来て便利なので用途が有りそうです。
TP4056_3.jpg



皆様の参考になれば幸いです。
2019.05.28  by Paradise

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

簡易オシロスコープを作る

九州工業大学情報工学部が公開の
Arduinoを使った簡易オシロスコープの紹介

2015年1月の作品

自作マイコン基板とPCに表示したオシロスコープの画面
scope1.jpg

 工房にはブラウン管式のオシロスコープを持っていますが、最近Arduinoを使った試作を自宅の
PCデスクで行う事が多く、PCで表示が出来る簡易型のオシロスコープが必要となりました。   
 Webで検索したところ、九州工業大学情報工学部が公開のArduinoにCRを追加するだけで、手頃に
PCをオシロスコープとして使えるページがヒットしました。
 早速、手持ちArduinoに部品を追加してテストしたところ、いとも簡単に再現出来ました。
この簡易オシロスコープは私が使うには充分な機能がありとても満足しています。

このオシロスコープに興味のある方は下記のkyutech Arduino scope 掲載ページをご覧ください。
kyutech Arduino scope 掲載ページを開きます。 


専用基板を作る
 現在ならArduino NANO等、シリアルインターフェースが載った小型のマイコンボードが
安価に入手出来るのですが、この時はマイコン基板を小さく作ろうとCNCで生基板を加工、
ATMega328PとFT232RLを組み込んで自作しました。
scope2.gif

その当時、CNC加工のために描いたマイコン基板の拡大パターン図です。
scope1.gif

皆様の参考になれば幸いです。
2019.05.03  by Paradise

テーマ : 電子工作
ジャンル : 趣味・実用

自律走行ロボ「チワワ君」

超音波センサーで障害物を避けながら走る車型自律走行ロボを作ってみました。
2014年11月の作品

tiwawa1.jpg

上部フレームにArduino互換機と自作モータードライブのシールド基板、超音波センサー搭載用の
超小型サーボモーターと赤外線リモコン受信用の受光センサーを載せました。(テレビのリモコンで操作します)
tiwawa2.jpg

下部フレームの上部にはモーター用と制御用の乾電池ボックスを2個搭載しました。
tiwawa3.jpg

下部フレームの下部にはタミヤのツインモーターギヤーボックスとボールキャスターを使ったシンプルな設計です。
tiwawa4.jpg

動画をご覧ください。


2019.04.16 by Paradise

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

CNC_Paradise

Author:CNC_Paradise
木工・彫刻・機械工作・電子工作が
大好きで自作のCNCを使って工作を
楽しんでます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
何でも工作室
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR